プロの道具で効率アップ! 建設機械・DIY用品の専門店 【 MARUICHI 】
建設機械
建設機械・DIY用品の専門店
  商品名 
全商品リスト
プレート ランマー エンジンカッター バイブロコンパクター バッテリー

Archive for 2012年9月

手の油汚れ・塗装、水洗いのみで落としましょう!!

こんにちは。 凄いものを見つけました!! 知ってる方は、知ってるみたいです。検索エンジンでpr88を検索すると結構、出てくる出てくる・・・こんなに・・・ ん?海外の方が多いみたいですね。日本名は、別にあるのかなぁ??   当方でも、効果を試してみました(^_^)/ 手タレを探す所から( 一一)・・・( 一一)・・・私ですか?(=_=) ですよねぇ。そのような空気が漂っています。。。やりましょう!!頑張ります!! http://youtu.be/GMHyIjTtwFQ 頑張りました・・・私じゃないですねぇ・・・そう!! このpr88(*^。^*)   凄い!!本当に水だけで!!(@_@;) まさにハンドコーティングです。。。   気になりましたら、一度、試してみて下さい。驚きますよぉ! http://www.buymaruichi.com/products/detail.php?product_id=72   お得な3個セットもご用意しました! http://www.buymaruichi.com/products/detail.php?product_id=74

 ・・・ 続きを読む »

エアークリーナーの交換方法

今回は、プレートやコンクリートカッターに搭載されているロビンエンジンのエアークリーナー交換をしてみましょう。 かなり簡単な作業ですので、定期的なメンテナンスを行っていくと機械が喜ぶ(*^_^*) 私が良く目にするのは、明和製作所さんのプレートや三笠産業機械さんのプレート、エクセンさんのコンクリートカッターなどです。 主に、EX13、EX17、EX21などになります。 この様な縦長のカバーになります。 (ロビンEX21) 交換作業は、5分程度で行えると思います。10分かけても大丈夫!丁寧に行う事です!! まずは、カバーを外していきましょう。 いきなり!!ですが、外れました。 次は、エアークリーナーを外します・・・これも、いきなりいきましょう!! 外した状態です。 いかがでしたでしょうか?・・・あれ??・・・そうなんです。工具・・・使っていないんです。 凄いと思いませんか?何事もやればできるものです(^_^)/ 新しいエアークリーナーを装着!! 後は、外した時の逆の手順にて、カバーまで取り付けましたら完了です。 難しかったですか? これで、また機械も元気良く働いてくれます。   今回、使用したエアークリーナーはこちら↓↓↓ http://www.buymaruichi.com/products/detail.php?product_id=73   お得な3個セットもご用意しました↓↓↓ http://www.buymaruichi.com/products/detail.php?product_id=75

 ・・・ 続きを読む »

冬にソナえて・・・

だんだんと寒くなってきました。 この時期は人もそうですが機械も始動が難しくなる時期です。 人も機械も暖気運転で元気に日本を世界を盛り上げていきたいものです。 本日の投稿はいつもと違う者が書いています。 下っ端なりの知識での投稿となりますのであしからず・・・。 もちろん勉強して成長してきます・。成長したいです・・。成長出来たらいいな・・・。 さて、本題ですが寒くなってきました。 人も色々と冬の準備が必要なように機械にも冬の準備が必要です。 と言ってもセーターを着せるわけではありません(分かっとるわ!と心の中でツッコミをお願いします。) 冬の準備で一番大切なこと。それは普段のメンテナンスです。 二回目の分かっとるわ!が聞こえてきそうですが、ここはツッコミ所ではありません。 なかなかわかっていてもメンテナンスをちゃんと出来ている人は少ないんです。 ついつい面倒だから、後でやろう。 明日やろう。 と先延ばしになっていませんか? この時期にエンジンの始動等がスムーズにいかないとなかなか調子を取り戻してくれません。 大げさに言うと機械に嫌われてしまいます。 皆さん車などでは愛車としてよくメンテナンスをすると思います。 車でそのメンテナンスをしなかったら?と想像してみて下さい。 ゾッとしますよね? しかし、機械も同じことです。 メンテナンスをして愛機として可愛がってあげて下さい。 メンテナンスの方法は 発電機(ガソリン)の定期点検 発電機(ガソリン)の定期点検Vol.2 を参照にして下さい。 ではまた。

 ・・・ 続きを読む »

発電機(ガソリン)の定期点検Vol.2

こんにちは。 前回の更新より気がつけば、かなりの時間が経過していました・・・時の流れの早さにはビックリします。 ・・・私が更新をサボっていただけの話ですね。。。すみません。。。 さて、続きといきましょう!!   ・エンジンオイル ・エアクリーナ ・燃料ろ過カップ ・点火プラグ ・吸入、排気弁のすき間 ・燃焼室 ・燃料タンク及びフィルタ ・燃料チューブ   上記項目の残りとなります。残りの項目ですが、実際にプライベートでは難しい点も出てきます。 少しでも不安を感じる様でしたら、お買いあげ販売店へ!! ・吸入、排気弁のすき間 点検は、1年毎または300時間運転毎が推奨されています。もちろん調整もこの時期になります。 ・燃焼室 点検というよりも、こちらは清掃になります。500時間運転毎が推奨されています。 ・燃料タンク及びフィルタ 清掃です。1年毎または300時間運転毎が推奨されています。 ・燃料チューブ 点検は、2年毎が推奨されています。必要なら交換も実施をお願いします。   今回、紹介しました内容は、全て・・・難しい・・・かもしれません。 これらの項目は適切な工具と整備技術を必要としますので、お買いあげ販売店へお申しつけください。  

 ・・・ 続きを読む »

発電機(ガソリン)の定期点検

意外と知られていないのですが、発電機も車同様で定期的な点検が必要です。 実施するしないで大きな差が出てきます。間違いなく。。。 簡単に記述してみたいと思います。   ・エンジンオイル ・エアクリーナ ・燃料ろ過カップ ・点火プラグ ・吸入、排気弁のすき間 ・燃焼室 ・燃料タンク及びフィルタ ・燃料チューブ   ??簡単に・・・?? 結構ありました・・・すみません。。。 上記のうち4項目に絞って行うだけでも機械が元気になります!!!4項目とは・・・ ・エンジンオイル 点検は、もちろん作業前点検!(最近の発電機は、ほとんどがオイルアラートが搭載されており、オイルが不足しているとエンジン始動が出来なくなります) オイルは、初回の交換では、1か月または20時間運転での交換。以降は、6か月毎または100時間運転毎での交換が推奨されています。 ・エアクリーナ 点検は、もちろん作業前点検!3か月毎または50時間運転毎での清掃。1年毎または300時間運転毎での交換が推奨されています。 エアクリーナですので、ホコリの多い所で使用した場合、清掃は、10時間運転毎または1日1回でも決してやり過ぎではありません。 ・燃料ろ過カップ 6か月毎または100時間運転毎での清掃が推奨されています。 ・点火プラグ 点検は、6か月毎または100時間運転毎、調整もこの時期です。1年毎または300時間運転毎での交換が推奨されています。   ※点検時期は、表示の期間毎または運転時間毎のどちらか早い方で実施※   いかがでしょうか? 簡単でしょうか?難しいでしょうか? それぞれ思う事はあるかと思いますが、機械に長く調子良く働いてもらうコツです。 後日、残りの項目を書きたいと思います。

 ・・・ 続きを読む »

プレート(ガソリン)の長期保管

結構、経験があるのでは??? いざ現場にて久しぶりにプレート(機械)を使用する際に・・・あれ?・・・何度、リコイルスターターを引っ張っても・・・ エンジンが始動しない(>_<) あともう少しでかかりそうでかからない。今から必要なのに!!!   私も何度か経験があります。今からっていう時に・・・かからない。どうして??(=_=)   大体の原因は、燃料(ガソリン)にあります。そこで!!!   ひとつの現場が終わり、機械が長期の休みに入る際に行って欲しい事。   1.機械を長期お休みさせる際は、エンジン、機体が冷えてから、燃料タンク、燃料ホース、キャブレタの燃料をきれいに抜き取ろう! 2.起振体及び、エンジンオイルの補充、交換をしよう! 3.エンジンの点火プラグを外し、エンジンオイルを数滴シリンダ内に注油し、数回手回ししてシリンダ内部にオイルを行き渡らせよう! 4.エアークリーナ、マフラの吸入口及び排気口をしっかり、しっかりと覆ってしまおう! 5.直射日光のあたらない、湿気やホコリの少ない屋内にて休ませよう!   こんなに・・・(・_;)   でも最低限、1番、5番だけでもエンジン始動が簡単になりますよ。 4番は、蜂などが巣を作りやすいのでやっておいた方が良いかも(^_^)/   一緒に働いている機械です。優しく接する事ができれば・・・応えてくれるはず・・・きっと(*^_^*)  

 ・・・ 続きを読む »